2005年02月22日

シルクロードの旅 3日目 2004/10/3(日)

ウルムチで泊まったホテル。
東方竜酒店 3つ星。中身は3.5星といった感じ。
ドライヤーもついてたし、まあまあ。
IMGP0562.jpg IMGP0564.jpg

この日はトルファンを観光。バスでウルムチからトルファンへ移動。
まずカレーズ楽園。
カレーズとはペルシャ語で「掘って水を通す施設」という意味。
地下水路を利用したオアシスである。
ここは実際に葡萄を育てるのに使われている。
IMGP0590.jpg IMGP0587.jpg IMGP0570.jpg IMGP0575.jpg IMGP0576.jpg IMGP0577.jpg IMGP0580.jpg IMGP0581.jpg

ここで作られている葡萄。
IMGP0574.jpg IMGP0585.jpg IMGP0586.jpg

おみやげやさん。様々な種類の干し葡萄がいっぱい!
私は干し葡萄は苦手なのだが、ここの干し葡萄は半生といった食感で、
甘みと酸味が絶妙でとてもおいしかった。
IMGP0583.jpg IMGP0584.jpg

カレーズ楽園から葡萄溝へ向かう途中。
働く馬やロバがいっぱい。
IMGP0592.jpg IMGP0593.jpg IMGP0600.jpg

葡萄溝に到着。まずお店?に連れて行かれる。
可愛らしいおねえちゃんが民族舞踊を披露してくれた。
こう見えても中国語ぺらぺらの中国人。
IMGP0602.jpg IMGP0609.jpg

カレーズの葡萄よりこちらの方がおいしいというので
たくさんの人がこの店で干し葡萄を買ったのだが・・・
IMGP0610.jpg

すぐ外に出るとこの店の半分の値段で全く同じ干し葡萄が売られており
何人かの上海人がとても怒っていたようだった。
上海語だったので何言ってるか全くわからなかったけど。(*≧m≦*)
ツアコンはマージンが入るのでここで買えと言うのだろう。仕方ない。


ここから中が葡萄溝?でっかい岩に字が書いてある。

IMGP0611.jpg IMGP0619.jpg

中はこちらの方が住む家のモデル。左が一般人、中央と右がお金持ちの家。
IMGP0617.jpg IMGP0616.jpg IMGP0613.jpg

葡萄溝をあとに火焔山へ。
西遊記に登場することで有名。
夏場になると地表から立ち上がる陽炎によって燃えているように
見えることからこの名前がついたそうだ。
天気がよくなかったせいもあるけど何がなんだかよくわからず
一体どれが火焔山???(・Θ・;)
とりあえず撮った写真を。
IMGP0624.jpg IMGP0620.jpg

トルファンはメロンがとてもおいしいというのでこの市場で買ってみた。
IMGP0627.jpg

今夜の宿泊は寝台列車内。
18:47発 軟臥席。嘉峪関まで片道346元。
上海−黄山より高い。それだけ距離があるのだろう。

列車の中で買ったメロンを剥いて食べた。おいしかった。
posted by 雪莉 at 18:40| Comment(2) | TrackBack(2) | 中国 〜シルクロード〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
NHKの新シリーズがはじまって
シルクロードへの関心が高まっているようですね。
Posted by fuRu at 2005年03月06日 17:38
こちらこそありがとうございます。
上海に住んでいるためシリーズを見れないのが残念です。
ヨーヨー・マのチェロが聞こえてくるだけでぞくっとしますね。
Posted by myu@master at 2005年03月07日 23:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

トルファン(葡萄)
Excerpt: 久しぶり(約1年半ぶり)に羽田空港に来ております。新しいターミナルがオープンして初めてです。さてトルファンは、こんなに暑くて、年間降雨量16ミリという超乾燥地域なんですが(ちなみに東京の年間降雨量は1..
Weblog: 中国思い出日記
Tracked: 2005-03-01 09:05

葡萄小屋--トルファン
Excerpt: トルファンの葡萄小屋---1995年9月 1995年に行ったシルクロードのことを 新シルクロードの放映日にあわせて紹介します。 旅行記はホームページをご覧ください。 これはトルファンの葡萄小屋です。..
Weblog: af_blog
Tracked: 2005-03-06 17:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。