2005年02月21日

黄山へ出発 1日目 2004/9/9

世界自然、文化複合遺産に登録される黄山。
中国に住んでいるからにはあの水墨画の山を一度見ておきたい。

初体験の寝台列車にて黄山へ。
上海発22:02、到着は翌朝8:50、約11時間の旅。
今回のメンバーは夫の友人夫婦(台湾人)、その友人の友達夫婦(カナダ人)、
そして私たち夫婦(日本人)の計6名。
私以外は全員中国語が堪能である。(ノ_-;)

寝台列車の料金は「硬座」→「軟座」→「硬臥」→「軟臥」の順に高くなる。
硬座・軟座はイス席、硬臥・軟臥はベッドが用意されている。
私たち6人は往復「軟臥」を利用した。

「軟臥」は一部屋に2段ベッドが2組置かれ、すなわち4人部屋ということになるのだが、
料金は上の段と下の段では値段が若干違う。
上の段は不便なせいか片道252元(約3400円)
下の段は片道264元(約3550円)であった。

室内は清潔でぐっすり眠ることができた。
朝食はみんなで持ち寄ったカップラーメンを食べたりコーヒーを飲んだりした。
車内は熱湯が用意されているので便利である。

そして時間どうり黄山へ到着した。
posted by 雪莉 at 13:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 中国 〜黄山〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは(^^)
私も黄山に行きたくて検索したらここに行き着きました。私も上海から黄山に列車で行きたいです。
MYUさんは日本から申し込んだツアーですか??それとも中国で申し込んだツアーですか??
Posted by ミニー at 2006年06月13日 14:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。